スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

バリ島 ~新婚旅行~ キンタマーニ高原編

ブサキ寺院をたんまり観光しまして、
キンタマーニ高原という、ちょっと「え@@;」という名前の
場所に移動して、おひるご飯でございます。

この高原にはいろいろなレストランがあるんですが、
ガイドの方が1番眺めがいいところを選んでくれていました。

BALI_キンタマーニ高原_01

お店の窓からは、こんな眺めでしたよー!!
というより、窓が無いんです(笑)
正確に言うと、ガラスの部分が取り外れたようになっていて、
ダイレクトに景色を楽しむことができるんです。
なにか、物を落としたら終わりですけどねw

BALI_キンタマーニ高原_02

ちょっと霧がかかっていて、雄大かつ幻想的な眺めでした。

BALI_キンタマーニ高原_03
ご飯は、インドネシア料理のバイキングでした。
この写真は、右側が白米で、左側がナシゴレンです。

BALI_キンタマーニ高原_04

バイキングだったので、しこたまよそってきました(笑)
バナナの天ぷらなるものがおいしかったです!!

BALI_キンタマーニ高原_05

スープも食べ放題です。

BALI_キンタマーニ高原_06

おかわり~(笑)

たくさん食べて、またもやアグン山にお見送りしてもらいましたヽ(^。^)ノ

BALI_キンタマーニ高原_07

このあとは、いろいろな村の特産品売り場を見て、
いろいろな雑貨やアクセサリーを買い物しました。

そして、次は洞窟の中にある寺院、
ゴア・ガジャへ行ってきます!!

ヴィラに帰ったら、最後の夕飯になるので、
飲みまくりに行くぞーということになりました(^◇^)



続く。
スポンサーサイト
2012-12-14 : インドネシア バリ島 : コメント : 7 : トラックバック : 0 :

バリ島 ~新婚旅行~ ブサキ寺院編

スマラプラ王宮を見学した後は、
移動してブサキ寺院へ行きました。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<ブサキ寺院>
インドネシア・バリ島にあるバリ・ヒンドゥー教総本山の寺院である。
アグン山の中腹に位置しており、30余の寺院の集合からなる。

8世紀には、仏教の修行の場であったといわれている。
16世紀のゲルゲル王国の時代に急激に隆盛を極めた。
しかし、群雄割拠による王国時代は、各地の諸王たちは、
自分たちの領地の寺院のみを管理する状態が続いた。

しかし、1917年のバリ島南部大地震の影響でバリ島で呪術、
宗教儀礼が活性化した頃に、当時のオランダ植民地政府が、
バリ文化の保護者としての立場を内外に示す上で、
ブサキ寺院を文化復興のシンボル的存在と位置づけその復興を重視し、
それとともに旧王族を中心にブサキ寺院の儀礼体系が再構築されたことで、
総本山的地位を占めるようになった。

また、1938年には、植民地支配体制再編に伴い、
バリの8人の旧王が自治官に任命された際、その自治権承認の儀式が、
6月のガルンガンの日に寺院正面の一画で執り行なわれた。

1979年には、パリサダが主体となってエカ・ダサ・ルドラの儀式が催行され、
スハルト大統領ら閣僚が列席し、ブサキ寺院とヒンドゥー教徒に対する
国家の保証を象徴する儀式となるとともに、
内外のメディアで「100年に一度の儀式」として大きく報道されたことから、
観光熱を高めることにもなった。

これ以降も、ブサキ寺院の諸儀式はかなりの規模で
日々の日常的な儀式も含め執り行なわれるようになり、
また、ブサキ寺院で大儀礼が催される場合、清浄のために、
村の遺体はすべて荼毘に付しておくよう取り決められている。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(Wikipwdia引用)



とまあ、ヒンズー教の総本山のような寺院なのですが、
ものすごい迫力でした。
嫁さんと二人でその景色をみた時には、
「うは~~~~@@;」絶句しましたよ。

BALI_ブサキ寺院_01

雨季の影響であいにくの雨でしたが、
その神々しい寺院の姿はハッキリ見えましたよー。
雨というより、ものすごい雷が鳴っていました。

BALI_ブサキ寺院_02

寺院の後ろに見えるアグン山がまた、
寺院の神聖な感じをより強くしているように思います。

BALI_ブサキ寺院_03

こちらはガイドのパンデさん。
ブサキ寺院の説明を詳しくしてくれました。
スマラプラ王宮でも、ケチャダンスを見た時もそうだったのですが、
バリでは神聖な場所に入るには、腰巻を観光客であっても巻く必要があります。
そして、生理中の女性は立ち入ることができません。

BALI_ブサキ寺院_04

バリの寺院は、大きく3つの区分に別れているそうです。
1つ目はこのブサキ寺院のような総本山。
そして、地域の寺院。
そして、家族の寺院。

このブサキ寺院にも家族の寺院がたくさんあって、
いろいろな現地の人がお参りに訪れていました。

BALI_ブサキ寺院_05

この門から先は、足を踏み入れられないそうです。

BALI_ブサキ寺院_06

こういったすごくキレイな石像が門の前にあって、
悪霊が入ってこないように守っているそうです。

BALI_ブサキ寺院_07
この写真で見えるのは、ガイドブックにも載りまくっている、
有名な景色!!あの階段を上るのが夢であった!!!

写真の右下には、その景色に圧倒されて、
「ほえ~~~@@;」と、うなっている嫁さんです(笑)

BALI_ブサキ寺院_08

んおーーー!!
近づいてきたー!!!
すごいデカイ@@;

BALI_ブサキ寺院_09

ちょうどお参りの帰りの現地の方々が、
階段から降りてきました。

BALI_ブサキ寺院_10

私たちも早速その階段を上って、
景色をみると、素晴らしい眺めだ!!
晴れていればもっとすごかっただろうに・・・。

BALI_ブサキ寺院_11

BALI_ブサキ寺院_12

BALI_ブサキ寺院_13

BALI_ブサキ寺院_14

この寺院は絶対に行きたい場所だったので、
来られてとても満足でした。
雨は残念でしたが、反対に雨の降る寺院も、
ステキでしたよー。

最後がアグン山がちょっと晴れて、
お見送りをしてくれました^^

BALI_ブサキ寺院_15

次は、キンタマーニ高原へ移動して、
お昼ご飯を食べます!!

続く。
2012-12-14 : インドネシア バリ島 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バリ島 ~新婚旅行~ 馬車編

スマラプラ王宮に行った時、
車の駐車場に馬車がとまっていました。

BALI_馬車

バリでは富裕層が自動車を所有して、
おもにはバイクが移動手段であるそうです。
しかし、この写真のように1部ではまだ、
馬車が利用されているそうで、驚きました。

本当に馬だ~@@;
とビックリしましたが、
なんか道路を車やバイクにまぎれて、
のんびり馬車が走っているのは、
おしゃれだな~と、勝手に感じました(笑)

乗ってみたかったな~!!

続く。
2012-12-13 : インドネシア バリ島 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バリ島 ~新婚旅行~ スマラプラ王宮編

バリの大渋滞を抜けて、ようやく今日の目的地の1つである、
スマラプラ王宮に到着しました。
ここには、水に浮かぶ宮殿「バレ・カンバン」と、
旧裁判所の「クルタ・ゴサ」と博物館を見学できます。

BALI_クルタゴサ_01

王宮の入口には立派な門が構えていました。
この門は割れ門というカタチの門で、ガイドさんの話によると、
形は一つの山を縦に真二つに割って、左右対称の形をしていて、
この門をくぐる事によって、その人の心の邪悪の部分が浄化されて
清らかになると信じられていて、バリ島の全てのヒンズー教の寺院、
いろいろな街や村の入り口にもこの割れ門を見ることが出来るそうです。
寺院にある本来の形の割れ門は、人一人が歩いて入る構造になっているそうで、
二人の人間がすれ違うことが出来る幅ではないそうです。
そして、それぞれの割れ門によって壁面には様々な特徴の飾り付けや彫刻が施されているそうです。

BALI_クルタゴサ_02

これが、水に浮かぶ宮殿の「バレ・カンバン」です。
ここには、16世紀にジャワ人による最初の王朝「ゲルゲル王朝」が誕生して、
その後18世紀にここに遷都して、新しくこの王宮を建てたそうです。

バレ・カンバンは王家の休憩所として使われた建物だそうです。
その壁や天井には、いろいろな壁画が描いてありました。

BALI_クルタゴサ_11

BALI_クルタゴサ_12

宮殿のほかに、昔の裁判所として使われていた、
クルタ・ゴサというものもあります。
ここには、6つの椅子とテーブルが置いてあり、
裁く側には、王様、お坊さんが座り、反対側に被告が座るのだそうです。

BALI_クルタゴサ_07

そのクルタ・ゴサの天井や壁にも、壁画が描いてありました。

BALI_クルタゴサ_06

BALI_クルタゴサ_08

BALI_クルタゴサ_09

壁画には、道徳的・宗教的な教えが題材にされていて、
裁判の時にお坊さんが、被告にその絵を使って、
良いことをすれば天国にいき、悪いことをすれば地獄へ行く
ということを説明していたのだそうです。

BALI_クルタゴサ_10

BALI_クルタゴサ_14

この写真から見えるところに、かつての王宮があったそうなのですが、
戦争などで壊滅して、無くなってしまったそうです。

BALI_クルタゴサ_13

こちらは、併設されている博物館です。
ちょこっと映っている現地の人が、ガイドさんです。

博物館では、この王宮がどういう歴史をたどったのかを、
勉強することができました。
オランダが征服にやってきて、全滅して滅んだそうです。

最後に、テンションMAXな嫁を(笑)

BALI_クルタゴサ_15

続く。
2012-12-13 : インドネシア バリ島 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バリ島 ~新婚旅行~ 道路の石像編

バリの道路を走っていると、
交差点にはかなりの高確率で、
「石像」が立っている。

BALI_道路の石像

ガイドの方が言うには、
この石像には2つの意味があるそうだ。

1つは、バリの観光地を、観光客に宣伝するためだそうです。
2つめは、交通事故が起こらないようにと祈りを込めて建てられたということ。
こういう石像が道路の真ん中にドーンと建っていると、
ドライバーの人たちは注目する分スピードを落とすので、
結果的にゆっくり走ることになり、事故が減るそうです。

しかし、立派な石像だ@@;

でも、

それよりも、

原チャリの多さの方がビックリだ(笑)4

続く。
2012-12-12 : インドネシア バリ島 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バリ島 ~新婚旅行~ 4日目の朝食編

さて、4日目の朝食ですが、この日はウェスタン風の
メニューにしてみました。

BALI_4日目朝食_01

こんな感じです。
卵料理は、調理の仕方を選べるのです。
私は、スクランブルエッグ。
嫁さんは、オムレツを頼みました。

BALI_4日目朝食_02

たまご、ふわっふわ~~\(◎o◎)/!

BALI_4日目朝食_03

飲み物は、パイナップルジュースにしました!

BALI_4日目朝食_04

パンも相変わらずたくさんです。

BALI_4日目朝食_05

こちらは嫁さんが頼んだオムレツ。
いろいろ具が入ってて、すごくおいしかったんだそうです!!

BALI_4日目朝食_06

嫁さんは、飲み物はスイカジュースでした。
嫁さんは、スイカジュースがものすごいおいしかったそうで、
これはたまらん!!と騒いでいました(笑)

この日は、朝食を食べてすぐ観光へ出発しました!!

続く。
2012-12-12 : インドネシア バリ島 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

ご訪問者数

プロフィール

dicecreem

Author:dicecreem
----------------------------------
こんにちは。
dicecreemと申します。


在住: 茨城県
年齢: 31歳
性別: 男
職業: システム管理者
趣味: 料理と旅行と音楽


2012年6月26日を以て、3歳年上の
サムライのような姉さん女房と
結婚を致しました。

ブログの内容が、日常の出来事より
食事に特化しつつあるので、
ブログのタイトルを変えました。
これからは、嫁さんや私がたまに作る
食事をメインに、日常の出来事を
ちょろちょろ書いていけたらと思います。
宜しくお願いします。
----------------------------------

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
30823位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
1737位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。